So-net無料ブログ作成

◆ くろめヘアカラートリートメントを初めて使ってみたので報告します [レビュー]



商品の同梱品:取説、櫛、シャワーキャップ、不織布のポーチ

以前の記事で紹介した、サラヴィオ化粧品の「くろめ」という白髪染めを購入したので、ご紹介します。

購入前検討で、良さそうな印象を持っていましたので、その検証です。


結論から先に申しますと、まだ1回染めただけですが、なかなか良い! です。 回数を重ねたときの使用感はまた後日UPするとして、初回印象を記しておきます。 ←評価保留します


サラヴィオの公式ページはこちらです ⇒ やさしく艶染め「くろめヘアカラートリートメント」


ボトルタイプの容器です

LPLPは大きなソフトチューブでした。 この「くろめ」は化粧品などにある、プラスチック製のボトルです。 色は黒色。 200グラム入りのボトルが、ちょうど手の中に納まります。 ちょっと丸くふくらんだ形状が、濡れた手でも滑りにくく出来ています。

形状.jpg


やわらかいクリーム

3種類のトリートメントカラーをトレイに出して比較したのが下の写真です。 左から、
・「SPA レフィーネ トリートメントカラー(ローズブラウン)」
・「LpLpヘアカラートリートメント(ダークブラウン)」
・「くろめヘアカラートリートメント(ダークブラウン)」

となっています。 上側の写真は、容器から出したばかりの状態。 下は、軟らかさを見るために、トレイをたたいてずらしてみたものです。
性状02.png

「くろめ」の色合いは、LpLpと比べると、灰色がかってメタリックな塗料のような感じです。軟らかさは、3つの中で一番軟らかいということが分かります。 「くろめ」の容器がチューブのようには軟らかくないので、逆さにして中身が出やすいように軟らかくしてあるのだと思われます。

ハーブ系の香りがします。 つんとするような臭いはありません。


使用方法

正規の使用方法で染髪を試みました。

1.ノンシリコンの「リマーユシャンプー」で洗髪後、 ←リマーユはシリコン入りでした
  タオルで良く水分を切る。

2.「くろめ」を約10グラムトレイに出します。

3.いつものカラーリング用コム(櫛)を使って髪に塗布。

4.シャワーキャップを被って、湯船につかりながら20分放置。

5.シャワーで洗い流し、シャンプーはしない。


使用感

・薬草的な香りが、私は好きでした。

・リンスがしつこくない感じ。(クリームが洗い流しやすい)

・リンス後のタオル汚れが少ない感じ。

・ドライヤーのあと、髪の毛がごわごわしない。

・翌日、アミノ酸シャンプーで染髪した時、
  染髪後初めてのシャンプーだが、泡への色落ち少ない。

・その後の色持ちも、良い感じがする。

・染まり具合は、一般的な印象。


まとめ

トリートメントカラーでの染め方が上達しているので、1年前に初めて使った頃とは見方が変わっていて、比較は難しいのですが、色の乗り方、落ち方等の製品性能は良くなっている感じがします。 しばらく使い続けてみますね。


「くろめ」の公式HPはこちら
↓ ↓ ↓ ↓

目次ページに戻る >> INDEXへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。