So-net無料ブログ作成

◆ トリートメントタイプヘアカラーでしっかり染めるための3つのポイント [調査結果]


Paint01.jpg

最近、トリートメントタイプのヘアカラーに参入する会社が多くて、
新しい商品がどんどん出てくるので、迷ってしまいますね。


おかげさまで、ヘアカラーにはすっかり詳しくなりましたので、
このブログでは、これからも目にとまったカラーリングの商品を
紹介していくつもりですが、これまでの商品を見る限り、
基本的な成分構成に大きな違いはなく、使い勝手も仕上がりも、
大差ないのではないかと想像しています。


成分が同じと言うことは、長所も欠点も同じなので、使ってみて、
期待ハズレになる点も同じと予想されます。


どのブランドの説明書きを見ても、
「最初は3回くらい続けて染めてください」とあるように、
どうしてもトリートメントタイプのヘアカラーは「しっかり染まらない」感があります。


そこで、しっかり染めるためのコツを各方面に取材して
調べてきましたので、皆様に伝授いたしましょう^^


ポイント その1 髪の毛を染まりやすい状態にする

トリートメントタイプのヘアカラーを使っていると、染めた後洗い流すと、
黒い水はいっぱい出てくるのに、髪の毛は思ったように染まっていない、
ということがあります。 うまく定着しなかったということです。


カラートリートメントはヘアマニキュアであることは、
以前の記事に書きました。つまり、髪の毛の色が変わるのではなくて、
色素の粒が表面にくっついているだけだということです。

よって色素の定着には、下地の髪の毛を、
くっつきやすい状態にしておくことが必要です。


そこで有効なのが、
「シャンプー後、タオルドライをしっかりやってから、
カラートリートメントを塗って、暖める」

ことです。

濡れた状態の髪の毛に色素を乗せると、色素が、
水の膜の上に浮いてしまうのだと思います。
色素がキューティクルのすき間に入りたいのに、
先に水がいる、ということです。

よって、髪がシャンプー不要の状態なら、乾いた状態に付けるのが
一番効果的であることは想像できますね。


暖めると良いのは、クーティクルが開いて、色素が隙間に
入りやすくなるからだ、と聞きました。 なるほど!


また、どの商品の説明にも書かれていることですが、
シリコン系の保護剤の入ったシャンプーや、リンスを
お使いになっていると、染料が乗りません。

この手のヘアケア商品は、パーマや髪染めで
髪の毛を傷めている人がよく使っているので、
心当たりある方は、お使いのシャンプーなどをチェックしてみてください。

コーティング剤入りのヘアケア商品の使用を中止し、
2~3回か洗髪したあとにカラーリングすれば、OKだろうと思います。
(実験したわけではないので、回数は推測です。)


ポイント その2 できれば冷水ですすぐ

冬には難しい話ですが、先ほどの暖めるとキューティクルが開く
の反対で、冷やしてキューティクルを締めるという理屈です。

寒くない範囲で、ぬるい温水ですすぐようにしましょう。


定着しないうちに、シャンプーしてはいけません。 
取り説にはトリートメントとして使えます、と
婉曲に表現されていますが、じつはシャンプーしたら落ちちゃうので、
先には染められないのです。


これは、私も実験してみました。

シャンプー ⇒ しっかりタオルドライ ⇒ LPLP素手塗り ⇒ 
冷たくない程度のぬるま湯で洗い流し ⇒ タオルドライ ⇒ ヘアドライヤーで乾燥


結果は マルです。 なかなか比較は難しいのですが、
いつもよりしっかり色が入ったという印象です。


ポイント その3 乾かして定着させる

染髪後は、早めにドライヤーでしっかり髪を乾燥させます。

乾燥して初めて、色素は髪の毛にくっついて落ちにくくなる、
つまり定着するわけです。


染髪後シャンプーをしていませんので、いくらすすいでも
タオル等には色が移ります。

あまり、タオルで擦り取ったり、着衣に着いたりしないうちに乾燥させましょう。

まとめ

トリートメントタイプのヘアカラーは、染めた後、
洗髪のたびに色が落ちていきます。

商品によっては、毎日トリートメントとして使ってください、
と書いているものもあります。
染めが多少甘くても、色が落ちても、毎日使えばさすがに色は付きます。


毎日使っても、髪が傷みませんというのが、
トリートメントタイプのヘアカラーなので、こまめにトリートメント染髪して欲しい、
というのが、メーカーさん側のご希望ということになります。


ユーザー側のわたし達は、経済性も大事ですから、落ち具合と洗髪頻度のバランスをとっていかないとね。



 LpLpの公式通販ページはこちらです 
↓ ↓ ↓ ↓
≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め



目次ページに戻る >> INDEXへ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 1

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2016-08-23 11:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。