So-net無料ブログ作成
検索選択

◆ LPLPも利尻も美容師泣かせのヘアカラートリートメントなんですわ! [調査結果]

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント


美容院で髪が染まらない!という話

髪のプロである美容師さんに、最近の「白髪染め」についてお話を伺ったのですが、
なんともびっくり、「ヘアカラートリートメント」は美容師泣かせなんだとか。

はたして、それはなぜでしょうか?

◆ ヘアカラーが入らなくなる

美容院で行う染髪は、しっかり芯まで色の入る、2剤式のいわゆる「ヘアカラー」で行います。 このとき、それ以前に使っていたのが、同種の「ヘアカラー」であれば良いのですが、「ヘアマニキュア」の場合は「ヘアカラー」による脱色工程ができない、すなわち、付着した染料を落とすことができないのです。

これで何が困るかと言うと、色を濃くする側ならまだいいのですが、髪色を薄くしたい時に、前の濃い染料が残ってしまって薄い色にならないと言うことが起こるのです。 よって、染まっていない生え際だけが、薄い色に染まって、あとの髪は濃いままという、「ナニこれ!?」になってしまうとのことです。

また、染料の組合せによっては、髪が緑色になる、ということが起こります。 (これについては別記事を追加しました。)

じっさいには、そうなってから改めてお客さんに、「何で染めました?」 と聞くと 「へ○です」と。 「ちょっと前に、あれが流行った時には本当に泣きました。」 としみじみ話されていました。


◆ 色換えしたい人は、トリートメントカラーは控えましょう

美容師さんのお話を伺ってから、改めてネットで調べてみると、そういう話が散見されます。 LPLP(ルプルプ)や利尻**、ヘナ等の、いわゆる白髪染めを、白髪染めとしてすなわち、色を濃くする方に使われる方は問題ありませんが、ときどき色目を変えたいことがあるとか、いずれトーンを明るくしたい、なんて考えている方は、ヘアマニキュアである「ヘアカラートリートメント」は、美容院前1週間程度はお使いにならない方がいいと考えます。 

白髪染めは白髪に使う! ですね^^ 




 LpLpの公式通販ページはこちらです 
↓ ↓ ↓ ↓
≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め



>> 利尻ヘアカラートリートメントの公式HPはこちら <<
↓ ↓ ↓ ↓ 





目次ページに戻る >> INDEXへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。