So-net無料ブログ作成
検索選択

◆ トリートメントタイプのヘアカラーというのはヘアマニキュアなんです [調査結果]

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント


◆ 「ヘアカラー」と「ヘアマニキュア

最近のトリートメント系ヘアカラーの特徴として、1液式である、というのがあります。 美容院で染めるヘアカラーは、2液を混合していますし、家庭用でも、従来普及していたのは2液(2剤)混合タイプでした。

はたして、この違いは何でしょうか? 

ヘアカラーに「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」という、よく分からない2種類があるのはご存知だとおもいます。 非常に粗っぽい言い方をすれば、「ヘアカラー」は2液式で「ヘアマニキュア」 は1液式ということになりますね。

「ヘアカラー」は髪の毛のメラニン色素を分解して、脱色しながら髪の内部で染料を結合させるのに対し、「ヘアマニキュア」はメラニンの分解はせずに、染料を吸着させるだけ、という違いがあります。 結果として、「ヘアカラー」は、黒髪も茶色に染めることができますが、「ヘアマニキュア」では、黒髪は黒髪のままで、やや茶色味を帯びるだけという違いがあります。


昆布もヘナも「ヘアマニキュア」

LpLp(ルプルプ)をはじめとする、トリートメントタイプヘアカラー の取説やホームページを注意深くみるとなぜかいつも小さく、「ヘアマニキュアタイプ」と書かれています。

つまり、名前にヘアカラーと入れながら、実際にはヘアマニキュアなんです。

◆色落ちしやすい?

上記のように、ヘアーマニキュアは染料をくっつけているだけなので、洗髪と共にだんだん色が落ちます。 色落ちは欠点のように見えますが、それはそれで、髪が伸びてきても境目がわかりにくい、というメリットであると言われていますから、了解していれば良いと思います。 男の私の場合は、短髪なので、もみあげや襟足がすぐに白くなりますが、それでも2週間の間隔でカラートリートメントすればOKな感じです。

 女性の場合は、1週間間隔くらいに使えば、自然な髪色を保てると思います。

◆美容師さんは嫌います

じつはこの「ヘアマニキュア」、美容師さん泣かせだそうで、これについては別記事で書きます。



 LpLpの公式通販ページはこちらです 
↓ ↓ ↓ ↓
≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め




目次ページに戻る >> INDEXへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。